ヒトカノ

人さまの旦那さんが彼氏。その道をあゆむオンナの胸のうち。

愛人、日かげの存在

わたしの彼。

 

光をあびて、表の舞台に立つ人。

社会的に地位のある人。

人々の上に立つ人。

 

 

わたし。

 

関係を公にしてはいけない存在。 

なにも持っていない人。

誰かの影に隠れる人。

 

いっしょの部屋にいるときは二人の世界になってしまうから、つい忘れてしまう。

でも、一歩外に出ればあまりにもいる世界がちがう。

 

生きてきた時間も、経験した出来事も、成し遂げたことも。

あなたとわたしは、月と石ころくらいちがう。

 

外の世界であなたを離れたところから見つめるとき、

どこか遠くへ行ってしまったような、越えられない川の向こうにいるように感じる。

 

わたしは、その場から動くことは許されない関係だから、

できることはただ、人々の輪の中のあなたを見つめるだけ。

そんな自分に卑屈になって、消えてしまいたくなるような闇に覆われる。

そのあとにすぐ、二人でいた世界は夢で、幻を見ていたんじゃないかってこわくなる。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

あなたが愛してくれているのはとても感じている。

大切にされているとも思う。

だけど、いつまでたってもこんな気持ちが消えることがないのは、

二人の間にはつなぎとめる何かがないから。

 

あなたは自分の血が流れるお子さんがいて、

社会上婚姻関係で結ばれた奥さんがいる。

そこに愛や情が存在するかは別として、

とても強固な鎖でつながった絶対的な存在。

 

わたしは、ただの他人。

何でもないただの他人。

 

日かげの存在なんてことはわかった上なのに、

ときどき、とても虚しくて、こわい。

 

お天道様の下を歩けないことがこんなにも苦しいことだと、

もっと早くに知っていたのなら。

それでもわたしはヒトカノを選ぶのか今は自信がない。

 

だけど、今の私が唯一できること。

この苦悩でさえも誰かの役に立てたら。

この世に確かにいる日かげの存在のひとりとして、発信していく。

 

きっと死ぬまで愛情に飢えつづける

生い立ち。

 

育てられ、生きてきた環境。

そこで形成された人格。

 

記憶のないようなずっとずっと昔の、

幼少期からおそらくわたしは愛情に飢えている。

 

けっして両親の愛情が子供に向かなかったとは思わない。

その証拠にきょうだいは私みたいな感情を、きっと抱いていない。

いまも両親のことは嫌いなわけじゃない。

 

だけど、

10代のころ、なにかの拍子に母に言われたことば。

 

「小さいとき、愛情を十分にかけられなかったからね。ごめんね。」

「今さら遅いかもしれないけれど、もっと甘えてね。」

 

それを聞いた瞬間、ものすごい勢いでなにかが解けた。

 

なぜ自分に埋まらない心の穴があるのか。

なぜ、こんなにも寂しいと感じることが多いのか。

どうして母親に甘えられないのか。

 

あぁ、愛情不足でわたしは育ったのか。

 

自分でも気づかなかった事実と感情にはげしくとまどった。

そして今まで自分自身について理解できなかった感情が解けていく。

 

嫉妬心の強さ。

独占欲の強さ。

束縛心の強さ。

 

両手放しで安心・信頼なんてできなかった。

 

好きになるひとは誰でも構わず独占して、近寄る人間=とくに女性に嫉妬して、縛り上げた。

 

その結果、うんざりされる。

相手の自由をうばってこちらを向かせたいから、喧嘩もする。

そして自分自身の世界も狭くなり、くたくたに疲れ切ってしまう。

 

ちょっと離れて考えてみたら、

なんもいいことない。

 

しかし、渦中のわたしにそんな視点はない。

いまだって、ない。

 

いつだってつまづいて、苦しくなる原因は同じ。

愛情不足というカラッカラに乾きあがった土壌から生える

嫉妬心・独占欲・束縛心。

 

愛情を受けたい相手、とりわけ大人になってからは親ではなく恋愛相手。

 

その対象からの愛を、自分だけに向かせたい。

わたしだけを見てほしい。

わたしだけを愛して。

頭のなかをわたしだけにして。

 

どれだけ愛という雨をふらせてくれても、すぐに干からびてしまう。

やがて、雨は降るのをやめる。

 

きっと死ぬまで愛情に飢えつづける。

ひょんなことから、それに気づいてしまった夜。

かなしくてさみしくて、やるせなくて。

 

この感情をどこにぶつけていいのかもわからないまま、あたらしい朝だ。

この先いつか死ぬまで、どうやってこれと共存していけばいいんだろう。

 

もしも、誰かがわたしをスキになったら。

お付き合いした男性は、とても少ない。

体を重ねたひとも、とても少ない。

 

同世代の女の人に比べてだけど、

これは自信をもって言える。

 

好きになったら一気に視野が狭くなるというか、

たとえ片思いであったとしてもその人以外考えられなくなるタイプの恋愛をしてきた。

 

思春期のころは気軽なアプローチを受けたりしたこともあったけど、

せいぜい焼肉とかちょっと夜のドライブに行くくらいで、

わたしが好きな人以外と遊ぶ気にもなれなかった。

(いま思うと人生ヘタだなぁ)

 

そんなわけで道を踏み外すまでのわたしはずいぶん保守的で、

特に性に関してはたいへん潔癖だった。

 

いまとなってはぜーんぜん説得力のない言葉となってしまったけれど。

 

これでも好きになった人を一途に思い続ける女です。

どうやら重い女っぽいけど

 

ほかに彼氏を作ったり、積極的に外に出会いを求めたりしない。

道を踏み外すきっかけとなった彼だけを

いま、愛している。

 

 

が、

 

 

が。

 

 

生きている限り、

「わたしの幸せ」とか

「わたしの人生」を歩まないといけないわけで。

 

 

ふと、思う。

 

夜、ぼやーっと明かりの灯るファミリー向けのマンションを見て。

日曜のおひるに手をつないで歩く親子3人を見て。

 

わたし、この幸せを手にすることはできない?

これ、彼にポイってされたら、詰んでない?

 

 

って。

目を背けている現実や近未来をふと考えるんです。

 

そりゃ、女に生まれたからには憧れます。

愛する人に出会い、たくさんの人に祝福される結婚式を挙げる。

その愛する人と新婚旅行。

二人の愛の結晶のこどもに恵まれ、

家族仲良く暮らしていく。

 

 

これ、いまのわたしってぜんぶ無理なんじゃ・・・。

 

そうなると、

「あれ、このままでいいのか?わたし。」

といった具合に倫理感の天使が語りかけてきます。

 

「いまならまだ普通の幸せをさがしに戻れるかもよ。」

「女としての魅力は衰えていく一方なんだから、いつか飽きられるよ。」

「こども、けっこん。ほんとにしたくないの?」

 

で、タイトルの部分。

【もしも、誰かがわたしをスキになったら】

わたしは万人に祝福されることのない関係である彼の手を離れ、

わたしを愛してくれる男性とハッピーな結婚生活とか願っちゃうんだろうか。

 

こどもとかほしいねー

けっこんしきはどうするー?なんて言っちゃうんだろうか。

 

わたしがしあわせに見える人生というのはきっとそっちだってわかってる。

年に数回しか会わない親も、そこそこ仲のいい友達もきっと喜んでくれる。

 

いまなんて隠し通すしかない関係だから。

 

こんな気持ちになっちゃうのは、

重ねていく歳への恐怖と、

近づく肉体的なリミットへのおそれだろう。

 

だけど、

もし誰かがわたしをスキになってくれることがあったら。

 

わたしはどんな選択をするんだろう。

 

愛人にもとめられるもの

彼からちょっとお叱りを受けるできごとがあった。
それについてはこんど書くとして。

 

そこから考えさせられたのがこれ。

愛人なり不倫相手なり。

ヒトカノの女性に求められるものってなんだろう。


家庭の奥さんになくて、外の女性にあるものって何だろう。


すこし前に見つけた、婚外恋愛(W不倫)をされている男性のブログ。

そのかたが自身の彼女について

「僕の彼女はいっしょにいて心から楽しいと思える相手であり、
会うたびに体の関係がなくったっていい。何時間でも話していられる」

というようにあらわされていた。

さらにその婚外恋愛の形を「純愛」と表現されていた。


自分なりに考えてみる。

既婚者がなぜそれなりのリスクと時間・金銭を費やして外に女性をつくるのか。

なにを外の女性に求めているのか。

 

夫であり父である【家庭】という場所にはないもの。

押し付けられることのない責任感。
ひとりの男として安らげる場所。
守るようで守られたいきもち。
甘えたりふざけたり、男の子に戻れる場所。

 

その家庭にいる女性【妻】にはないもの。

「対等」な位置から向かい合う事のない存在。
あーだこーだ口うるさく言わない女性。
3歩下がったところに控え、従順な女性。
オンナであることを感じさせる女性。

 

まだまだあるだろうけど、
こんなところが思い浮かんだ。

 

つまり、

・しとやかで穏やか、上品な女性であること

・メイク・服装など常に女性としての美を保つこと

・待てること、出すぎない存在感

・何をするのもいちばんの応援者

 

・・・・昭和の淑女やないか!!!!!

 

でもまぁ女性がよくもわるくも強くなってしまった平成の世は

たしかに昭和の時代に存在した「3歩下がって男を立てる」ような女性を

どこかでもとめているのかもしれない。

30代以上はバリバリの昭和生まれだしね。

 

上の方で勝手に【妻】像について書き立ててしまったが、

もちろんわたしは彼の奥さんの名前も、姿も、性格も知らない。


もしかしたらとても穏やかで従順でやさしさのある人かもしれない。

 

だけど、彼がたまに奥さんについてぽろりと話す気配からすると
たぶん芯のつよさある、しっかりした女性だと思う。

 

家庭ではお子さんのために
「母」としてしっかりと「父」の役割を求めてくるだろう。

 

仕事のこと、お金のこと、子供に関するすべてのこと。
家庭を持ったものには避けて通れないものについて。
これまでも彼と奥さんはたくさん話し合ってきたんだろうな。

 

で、

あるていどお子さんが大きくなった頃から。
彼は外に彼女を作るスタイルを続けている。

 

私が言うのもなんだけど、これは決して褒められたことじゃない。

だけどきっと、彼も最初から愛人ありきで結婚したんじゃない。

 

女のひとは「母」になったときから
自分と、自分が母として守るべき存在の運命を背負う。
恋愛関係のようなヤワなことは言っていられない。
そりゃあ強くなるのはとても自然なことだ。

 

かなしいことに、男の人は根っこにマザコン成分を持ちながら
「母」となりつよさを増した女性に圧迫感や窮屈さを感じ、

お金と時間があるていど自由な人はしばしば外に出て行ってしまう。
(妊娠中・産後にレスになってしまうのも要因のひとつかな)

 

なんか、なんかさ。

おとこのひとって勝手だね。

とらわれる過去・不安でしかない未来

知りたいけど知りたくない彼の過去。

私と出会う前の彼のこと。

女の人とのつながり。

だれかといった場所。

 

年も離れてるし、そのぶんだけ生きてきた歴史があるのもわかってる。

これまでだってずっと家庭を持ちながら、

おそらく数々のカノジョがいた。

 

だからこそ。

過去のことをいま知ってもどうしようもないし、

わたしと出会う前のことについて何かを言うなんてもってのほか。

 

そんなこと、頭では理解してる。

 

けれど、ふいに知ってしまったとき。

意図的なのか、彼の口から聞いたとき。

 

心はざわめき、波立つ。

台風のように不穏な風が吹きあれ、真っ暗な渦に飲み込まれる。

つめたく冷えきった絶望の底に沈み、

ただただ涙があふれだすだけ。

 

この世のだれにも存在する「過去」というたしかな歴史。

変えようのない事実だからこそ、苦しくなる。

 

過去でしかないことも、過去からいま現在続くことも、

のびる蔦のように後方から熱くするどいトゲを私の心に突き刺してくる。

 

いま、彼に愛されている。

彼とともに時を過ごしている。

 

だけど、わたしもいつか過去になるの?

あなたがいなくなったわたしには何が残るんだろう。

 

彼といたいから、手を離したものもある。

あきらめたものもある。

 

すべてを投げうってでも彼といたいと思った。

だから、いま、彼といる。

 

でも、もしあなたの気持ちが冷めてしまったら。

こんなわたしだから、あなたに嫌われてしまったら。

そのとき私はどうなるんだろう。

 

「別れよう」

そのひとことでおしまい。

 

婚姻関係の強さというものは、紙一枚といえど鋼のような強さ。

 

それにくらべたら誰にも歓迎されない関係は

何にも守られることのない夢物語のよう。

 

「おしまい」

それで終わり。

 

きもちが落ちてしまったときには答えの出ない不安の波に何度もなんども飲み込まれ、

もがいては浅く呼吸し、とまらない涙をただぬぐう。

 

やさしくて厳しくてときどき気分屋さん。

頭がよくて気むずかしいところもある人。

とても大切にしてくれて、冷たくもある人。

 

だから、あなたの事がたまに分からなくなります。

好きだから、とてもとても苦しくなります。

 

許されない関係だからこそ、受ける苦しみも多く強いものです。

 

ざまぁみろ、バチ当たりなんだからもっと苦しめ!

奥様、彼女さんからは忌み嫌われる存在です。

 

だけど、あなたの旦那さんをだまして困らせようなんて思ってもいません。

離婚させて奪い取ってやろうとも思っていません。

 

同じくらい、愛しています。

彼の人生の支えになりたいと思っています。

 

わたしの人生、そんなに長生きしなくていいです。

彼がいなくなった世界になる前に、

どうか、幸せの記憶の中で死なせて。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

いるいる。不倫・愛人。

大物芸能人からミュージシャン・政治家、実業家…

昔ほど珍しくなくなってしまった感じはありますが、

ゴシップ誌やニュースでたびたび話題になります。

そういった方々の不倫・隠し子報道。

 

少し前に大きく話題となった例では

好感度抜群の国民的タレントさんと個性派ミュージシャン、

おしどり夫婦かと思われていた日本を代表するハリウッド俳優さんと

一般女性(とされています)の本気不倫…。

これは圧力で報道ミュートされたけど。

 

上手ですね。電車の中吊り広告。

そんな大衆のゲスな興味をかき立てる文字にまんまと目を奪われ、

「ええぇーー!あのひとが!?うそ!?」

と衝撃を受けた名前の人もいました。

 

で、

なんというのかな。

 

いま現在、社会的立場のあるかたの奥さんや

まだ結婚はしてないけど彼女として真剣にお付き合いしているかたにはごめんなさい。

 

そりゃーおカネも知名度もあるんだもん。

いるよ。愛人の1人や2人。

 

そう思うようになったのは既婚者と付き合うようになってから。

その経緯はべつにあらためて書きますね。

 

 

とにもかくにも、

芸能人・経営者・政治家…

おカネと立場のあるひと。

 

ちょっとまえ、独創的なアート作品を生み出す友人(♂)に聞いたことがあります。

 

「なんでおカネもちの既婚者って、みんなカノジョがいるんだろうね」

 

忘れもしません。そのときの彼からの返事。

 

「ってゆうかさ、今に限らず昔の大名とかもそうじゃんw」

 

いやー。衝撃的でした。

「男は狩猟民族」とか「浮気をするいきもの」「種をまく本能」とか、

そんな答えをうっすら予想したうえでの質問でしたから。

 

彼いわく、

「今も昔もいっしょだよ。おカネと地位のある人はそとに女性を作るもの」

「正妻・側室・妾…むかしはそうやって存在してた。いまは道徳的に反するから不倫とか浮気と呼ばれるけど」

 

はぁーーー。

なんか超なっとく。

 

そうか。わが国では数百年・なんなら千年のいきおいで変わっていなかったんだ。

歴史くわしくないからわかんないけど。

 

だからといって許されているわけではないし、

外に女性を作らないかたもいらっしゃる…と思います。

 

世界中にお子さんがいらっしゃるかたや、

奥さんのような人が3人いるかたも知っているような知らないような気もしますが、

とにもかくにも世の中にはたくさんの愛人さん・不倫相手が存在するようです。

 

見た目でわからないくらい、

ふつーの女の子が愛人さんだったりします。

電車で隣に座った子とか、販売員のきれいなお姉さんだったりとか。

 

そんな感じできょうもヒトカノしています。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

いちばんさいしょに

彼氏が既婚者、

【ヒトさまの旦那さんが彼氏】というカノジョ。

 

ずっと愛人さんをしてきたとか、

おかねもちの男性を渡り歩くような魔性のオンナみたいな立ち位置とは無縁でした。

 

 

高校も大学も、正社員として社会に出るまで
ぜーんぶストレートにそこそこのレベルを進んできた。

親にもそんなに迷惑かけてないし、
悪いことだってしてこなかった。

 

恋愛のほうも中学生で初体験!とか
最高5股!とかの奔放なエピソードとは程とおく、

はじめてのチューも遅かったし、
思春期の頃から思い返してもこれといって

ドラマティックなことはなかったなぁ。


それでも大学の時に長く付き合った彼氏がいて、
その彼と結婚式場でのブライダルフェアを申し込むとこくらいまでは

なんというか平穏だったかなぁ。

 

とまぁ、こんな感じでフラリと

「まっとうな人生」の道を踏み外し

ここにいたるまではなんともいたって普通でした。

 

で、なぜこのブログを書こうと思ったのか。

きっかけは3つ。


・世の中めっちゃ多いじゃん。既婚者彼女持ち。

・そんな世の中に確かに存在するヒトカノさんへ向けて。

・人生の最期、走馬灯が色濃くなるように。

  

というわけですので、

こういった存在の人間が発することが
ストレス・不快なきもちになられるかたは
そっと右上の×マークをクリックしてください。
スマホのかたはタブを削除です。


こんなことをしていますが、
一般常識や善悪についてはいちおう持ち合わせております。
この立場が不まじめであることも理解しています。


至極まっとうなご意見や批判をいただいても、
なんというか「豆腐にダーツの矢をなげる」
ような手ごたえのないものになってしまうと思います。

 

熊谷市からはじめて来た東京で、
池袋をさまよったあげく歌舞伎町にたどりつき、
麻布十番の風にあたってしまい世田谷区に流れ着く。


たとえるならそんな感じのよくわからない人生を
ひとりで歩きはじめています。

 

アウトプットすることで、

もしも誰かのなにかに役立てたら。

そうなれたらこの上ないよろこびです。

 

無料ブログです。よろしければお読みください。

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村